電話で無料相談 平日9:30-19:00 メールで無料相談24時間受付

重度の後遺障害 解決事例

実際の交通事故により重度の後遺障害となった方の解決事例です。具体的な症状や治療経過に加え、どのような交渉が行われて、最終的にどのくらいの賠償金が支払われるのかがイメージできると思います。

下半身まひで1億6千万円の賠償金が認められた交通事故

交通事故による脊髄の損傷で下半身まひになった事例を解説します。裁判の結果、被害者の方には1億6千万円以上の賠償金が認められました。

脊髄損傷

脊髄損傷による四肢麻痺で賠償金1億6千万円となった交通事故事例

交通事故による脊髄損傷(せきずいそんしょう)で四肢麻痺(ししまひ)の後遺症を負った事例を紹介します。

脊髄損傷

意識不明の重体となった交通事故の賠償事例を解説

被害者が意識不明の重体となった交差点で発生したバイクと自動車の事故の賠償事例を解説します。

意識不明

高次脳機能障害で1億5千万円の賠償が認められた交通事故

交差点で発生した自動車と大型オートバイが衝突した事故により被害者に高次脳機能障害の重い後遺症が残ってしまった事例を解説します。

高次脳機能障害

びまん性軸索損傷となった事故で1億5000万円の賠償が認められた事例

自転車と自動車の衝突事故により、被害者の男性にはびまん性軸索損傷による重い後遺障害が残ってしまいました。裁判の結果、1億5千万円以上の損害があると認定された事例を解説します。

びまん性軸索損傷

遷延性意識障害の事故で3億円が認められた事例

自転車と自動車が衝突した事故で16歳の男性が遷延性意識障害(後遺障害1級1号)となり約3億円の損害が認められた裁判事例を紹介。

遷延性意識障害

下半身まひの後遺症が残り、約1億3500万円の賠償が認められた交通事故

交通事故で脊髄を損傷し、下半身麻痺の後遺症が残ってしまった方の事例を紹介。

脊髄損傷

交通事故で寝たきりになり3.5億円の賠償金を得た事例

交通事故により心肺停止、蘇生後も寝たきりとなってしまった被害者の事例です。保険会社と裁判で争い約3億5千万円の賠償金を獲得できました。

遷延性意識障害

関連情報

5つの重度後遺障害とは

交通事故による5つの重度後遺障害について、知っておいていただきたい情報をまとめました。そもそもどういった症状なのか、どういった問題に直面するのか、どのように対応すれば良いのか、弁護士が解説します。
このページTOPへ