電話で無料相談 平日9:30-19:00 メールで無料相談24時間受付

5つの重度後遺障害とは

交通事故で問題となる5つの重度後遺障害。それぞれについて知っておいていただきたい情報をまとめました。
そもそもどういった症状なのか、どういった問題に直面するのか、どのように対応すれば良いのか、弁護士がくわしく解説します。

意識不明の重体

交通事故により強く頭を打つなど、脳に強い力を受けたことによって意識不明の重体になった場合、被害者のご家族はどう対応すればよいか、交通事故専門の弁護士が解説します。

高次脳機能障害

交通事故で頭を強く打った場合、医師から「高次脳機能障害」と診断される場合があります。どんな病気なのか、どういった対応が今後必要になるのか等について弁護士がくわしく解説します。

脊髄損傷

交通事故で脊髄損傷(せきずいそんしょう)と診断された場合、今後どうしていけばよいか? 下半身や上半身に強い麻痺が残るような重篤な症状が起きた場合の対応について、交通事故専門の弁護士がくわしく解説します。

びまん性軸索損傷

交通事故で頭を強く打つなどして「びまん性軸索損傷(びまんせいじくさくそんしょう)」と診断された場合に、今後どのようなことが起きるか、またどう対応すればよいかを交通事故専門の弁護士がくわしく解説します。

遷延性意識障害

交通事故で頭を強く打ち「遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)」と診断された場合、今後どうしていけばよいか、どういう対応が必要になるのかを被害者の方やそのご家族向けて交通事故専門の弁護士が解説します。

関連情報

重度の後遺障害 解決事例

実際の交通事故により重度の後遺障害となった方の解決事例です。具体的な症状や治療経過に加え、どのような交渉が行われて、最終的にどのくらいの賠償金が支払われるのかがイメージできると思います。
このページTOPへ